スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とおくとおく


固まった指を  ほぐす


ずいぶんとのあいだ、忘れていた。

ここちよい機械熱

耳と骨に響く打音

網膜に焼きつく電子光


誰に宛てるでもなく、ただ  ただ


わたしのこころの全てを落す

不特定多数のディスプレイに向けて


たくさんあるうち、そのひとつの掃き溜めのような
この場所に

固まった指をゆっくりとうごかして

おとす。
スポンサーサイト

痛みと嗚咽と涙



このあいだ泣いたのはいつだったか


わたしの心から漏れでた毒が

身体を蝕んで
いたい

きっと病気も怪我も、

毒のせい


あしがいたい。

身体の痛みからこぼれた嗚咽

嗚咽に呼ばれて落ちた涙が


いつのまにか毒を吐き散らす心の

痛みと嗚咽と涙に換わっていた

たいせつなひと


私が私を見ていないから

世界中の誰もが


わたしの存在を認識できずに 


ただ
ただ

視線を空中に彷徨わせるだけ

嫌悪


私は 
わたしが

いちばん好きで

いちばん好きなわたしの利益が最優先



私は
わたしが

いちばん嫌いで

いつも
いちばん嫌いなわたしの利益を感傷で汚してしまうの


矛盾しているってこういうことを言うのね、きっと。

私は

わたしが世界でいちばん好きなわたしを

世界でいちばん嫌悪している。



私のことがいちばん好きなわたしを好きになりたい!


私を好きになれなくて幸せになんかなれるもんか、

わたしの幸せを

心から喜べるような



わたしにわたしを好きにさせてみせる。



決意表明。


忘却


思考の彼方まで、

とおく 遠く

忘却


でもね

いくら遠くに埋めてしまっても
どんなに思考を遮っても

記憶は

事実
として





忘却できない、


忘却したい



どうして。どうしてどうしてどうして。

過去の記憶と事実は


忘却すら許さず
古傷に熱を持たせる。
プロフィール

日向 雁

Author:日向 雁
作家と言えるほどしっかりした文は書けないけれど唄や小説を書くのが大好きな学生です。

――――――――
なんだか狂気的なのが多い気がします。
私が狂気なのかっっ!
愛唄恋唄そのたもろもろ
詩を良く書きます。

―――――――――
日向ぷろふぃーる。
リンク大歓迎。相リンしましょう。
コメント大歓迎。喜びの舞踊っちゃいます。
一応大した作品ではないんですが、
無断転載はお断りいたします。

詩がお気に召しましたらポチっと。

最新記事
最新コメント
素敵サイト様
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも大募集中。

この人とブロともになる

ピエロの詩来客数
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。