FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機械的な言葉でバトン

コンピューターが微かに発熱する。

不愉快なファンの音を伴いながら
無機質な画面の光を放ちながら

この文字を打つ音がまるでコンピューターの鼓動のようで

液晶の中にわたしは恋をする。

もしもこれが唯の機械であったならば
ただ人間の仕事をものもいわずにこなすだけのものであったならば

機械的な言葉でバトン

Q1 電子音に誘われて
A1 かつての技術者たちは狂ったようにハツメイを繰り返す。
Q2 電波塔は鉄屑に
A2 錆びた鈍色のそれが私の眼には酷く美しく、なのに滑稽に映ったわ。
Q3 真夜中に鳴る携帯電話
A3 こんなもので胸いっぱいの孤独を甘やかして。
Q4 ふたつ目の操縦席
A4 隣に座るパイロット、君に非常事態がなければ存在意義は、ない。
Q5 一の歯車は君、二の歯車は私
A5 ほんの、少しかみ合わない歯に挟まった砂粒が黒く悲鳴を上げた
Q6 働き者はガタンガタンと文句も言わず
A6 ただただプログラミングされた仕事を繰り返すだけ。
Q7 指一本あれば足りるのに
A7 この小さなスイッチを押すことができないのは
Q8 便利さとは引き換えに
A8 この手の温もりも、胸をたたく鼓動も消えてしまうと思ったから。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

日向 雁

Author:日向 雁
作家と言えるほどしっかりした文は書けないけれど唄や小説を書くのが大好きな学生です。

――――――――
なんだか狂気的なのが多い気がします。
私が狂気なのかっっ!
愛唄恋唄そのたもろもろ
詩を良く書きます。

―――――――――
日向ぷろふぃーる。
リンク大歓迎。相リンしましょう。
コメント大歓迎。喜びの舞踊っちゃいます。
一応大した作品ではないんですが、
無断転載はお断りいたします。

詩がお気に召しましたらポチっと。

最新記事
最新コメント
素敵サイト様
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも大募集中。

この人とブロともになる

ピエロの詩来客数
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。