FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

織彦物語 壱

ひさしぶりの更新!半月以上たっちゃったよ;;
琴坂リン様のブログ臨界点のその先へで読んだ小説が面白かった。
ので書くことにしました!
追記から七夕小説でっす。2・3回に分けようかと思う。

織彦←織姫彦星 が現実高校生だったら
私→天野織姫・・超奥手の恥ずかしがりや。目が合うだけで真っ赤!なロマンチスト。

俺→星空彦星・・攻め気だけど織姫に拒否られ(はずいから)て傷ついてるナイーブなナルシスト。


―――――彦星編①―――――
『天野さん、俺天野サン好きなんだけど』
そう俺が4月に織姫ちゃんに告ってから二ヶ月。織姫ちゃんはあの時すごく驚いて、顔真っ赤にして、
『・・・・・・っわったし、も、その・・好きです・・・』なんて裏返りそうな声で言った。
織姫ちゃんめっちゃ可愛いんだぜ?わが校のNo.1アイドル。密かに親衛隊が出来てるし。
まぁ自慢じゃないけど?俺も実は女子にも男子にももてるムードメーカー。顔も良いしな!
そんな織姫ちゃんと俺は両思い!晴れて俺と織姫ちゃんの美男美女カップル誕生~!
なんて思ってたら。
会話無し。織姫ちゃん、目が合うと逃げちゃうんだよなぁ。テレてるのかな、可愛い。
でも寂しい!・・どーしよ?


うーん。織姫ちゃんと接触を試みる。

早速発見。まぁ人前だ、天野さんでいいか。
「天野さん!ちょといい?」昼休み、そーっと近づいて声をかけてみた。

「ほっ、ほっ・・星空君・・!えっと・・あの・・な、なに?」
見る間に顔が赤くなる織姫ちゃん。やべぇ。可愛い。
「えっとね、7月7・・」
「織姫ぇー!はやく昼食うよ!委員会!」
んなっ!?織姫ちゃんの親友、美晴だ。見事に途切れさせられた。」
「あっ・・ごめんなさい、星空君。あの・・後でも良い?」
あぁぁぁぁぁ(泣)織姫ちゃぁーん・・・
「あー、うん、おっけー。あ、コレメルアド。メールしてv」
俺は満面の作り笑いでメルアドの紙を渡した。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

面白いって言ってくれてありがとう^^
思いつきだったから不安だったのね…
でも安心したよ~

わぁ、苺の小説!
ナルシストな彦星、ツボにはまった…
なんか可愛い。

続き楽しみにしてます^^

Re: リンちゃん

> エヘエヘ
> 有難う!!!
> こんどは織姫目線だー!
プロフィール

日向 雁

Author:日向 雁
作家と言えるほどしっかりした文は書けないけれど唄や小説を書くのが大好きな学生です。

――――――――
なんだか狂気的なのが多い気がします。
私が狂気なのかっっ!
愛唄恋唄そのたもろもろ
詩を良く書きます。

―――――――――
日向ぷろふぃーる。
リンク大歓迎。相リンしましょう。
コメント大歓迎。喜びの舞踊っちゃいます。
一応大した作品ではないんですが、
無断転載はお断りいたします。

詩がお気に召しましたらポチっと。

最新記事
最新コメント
素敵サイト様
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブロとも大募集中。

この人とブロともになる

ピエロの詩来客数
検索フォーム
最新トラックバック
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。